今田淳子 (いまだ じゅんこ)


1971年熊本市生まれ。
1996年熊本大学大学院教育学研究科美術教育専修(修士課程)終了。
2003年イタリアミラノ市ブレラ美術大学彫刻科卒業。
2006年野外彫刻『宇宙的愛』設置。(プリニャーノ/モデナ市、イタリア)
2008年彫刻遊具『平和のサーカス』設置。(フィリッポ・クレモネーゼ財団公園/ファルファ市、イタリア)
2011年熊本市上通エントランスファザードに作品《湧き立ついのち》設置。

【主な個展】
1996年「今田淳子展」上通ギャラリー(熊本)
2002年「Kaiko」スパツィオテンポラーネオ・ギャラリー(ミラノ、イタリア)
2005年「JOY」ブルーナ・ソレッティ・アルテ・コンテンポラーネア・ギャラリー(ミラノ・イタリア)
2006年「Giraffa.Colinné. Pallina rossa」スパツィオテンポラーネオ・ギャラリー(ミラノ、イタリア)
「Junko Imada」ナヴィリオ・モダン・アート(ミラノ・イタリア)
2008年「Junko Imada」MAM美術館(マントヴァ、イタリア)
野外彫刻《チルコ・デラ・パーチェ/平和のサーカス》設置
クレモネーゼ財団公園(リエーティ・イタリア)
2009年第1回香梅アートワード 奨励賞受賞
「今田淳子展」 熊本市現代美術館ギャラリーⅢ(熊本)
2011年「MOTHER2011—今田淳子展」ART SPACE 貘(福岡)
「今田淳子展」 Gallery M.A.P(福岡)
彫刻イルミネーション《沸き立ついのち》設置
上通エントランス ファザード(熊本)
「今田淳子展 いのちのかたちと空間」つなぎ美術館(熊本)
2012年「今田淳子展—working in progress」ART SPACE 貘
2015年「今田淳子展—EGO」ART SPACE 貘
2018年「Internal Flower 今田淳子」 ART SPACE 貘
「Amniotic Journey/羊水のたび」Gallery M.A.P(福岡)
2019年「IMMACULATE 今田淳子展」軽井沢現代美術館(長野)
「今田淳子展」柳川古文書館(福岡)
「きっかけは「彫刻。」展」熊本市現代美術館
2020年「いのちのひかり」島田美術館(熊本)

【主なグループ展】   
2006年「No Parachute-pink」アートエンド・ギャラリー(ミラノ、イタリア)
「若手作家5˚ポストゥーミア・ビエンナーレ”CAMERAE PICTAE”」MAM美術館
「Fuori é un giorno fragile」ヴァイロ繊維工場(キエーリ・イタリア)/ステューディオ・レガーレ・ギャラリー(カゼルタ、イタリア)
2007年「ALLARMI 3」クリストフォリス兵舎(コモ、イタリア)
「20eventi」アルテ・コンテンポラーネア・イン・サビーナ(サビーナ、イタリア)
2009年「Incoerenza」ナヴィリオ・モダン・アート
2010年「香梅アートアワード」香梅アートスペース(熊本)
2011年「春の足おと―熊本市現代美術館コレクションより―」熊本市現代美術館ギャラリーⅢ
2013年「CAMKコレクションvol.4 来た、見た、クマモト!」熊本市現代美術館
2014年「GEA展」オルモ邸(コモ、イタリア)
2016-2017年「HIGO-ROCK!HIGO-ROCCCA!肥後六花プロジェクト」熊本市現代美術館
2017年「誉のくまもと展」熊本市現代美術館(熊本)
2019年「MECCANICA DELLA MERAVIGLIA」レオネージアルテ、モンティ邸(ブレーシャ・イタリア)

絶え間ない祈り 2008年10月

深刻な不況に生きる厳しい現実の中、現在の私の作品は4歳の娘と過ごすいとおしい毎日の小さな幸せから生まれる。 -大好きなママのためにせっせと積み集めてくれた小さなマーガレットの束を手に帰る家路、一緒に作る不揃いなニョッキの夕飯、毎朝決めるお下げ髪の飾り、田舎で見上げる星空…-複数の苦痛と悲しみの後に勝ち取った内面の平和の上に広がる純粋でけがれのない世界である。
2001年から手がけているポリエステルフォームに幾万個のオブジェを縫い閉じ込めてつくるインスタレーション作品。いつの日かそれは新しい生命誕生を待つ母の祈り、無限なる未知のいのちへの信念、護るべき未来につながる毎日への責任と希望を、流れる歳月と共に閉じ込める日誌となった。
新しい命の誕生は私にいわば生まれ変わりのチャンスを与え、幼少期のリ・プレイボタンを押させることになった。彼女と毎日作る色とりどりの粘土のオブジェは彼女の笑顔や時に発する歓声や泣き声のようにメロディーを奏で、記憶・深層の限りない純白のフォームに舞い溶け込む。私のスペースに浮遊する音符たちは私のとどまる場所場所で再構成され、戸外の緑の木立の中、ときには古い城の歴史の中で、平和の存続をかけるシンフォニーに、ときには晴れやかな凱旋曲になる。